SIMフリー端末で自由に事業者を選べる - 切り替えることで得をする格安スマホ
  • SIMフリー端末で自由に事業者を選べる

    大手通信キャリアから直接スマートフォンを購入した場合は、原則としてその事業者の回線でしか利用できない仕様となっており購入後一定期間を経過してからSIMロック解除手続きを行わなければ異なる周波数帯やネットワークを利用する通信事業者のSIMカードを使用する事ができません。



    そのような紐付けや複数年契約の締結などの「縛り」を設ける事を条件にスマートフォン本体を特別な割引価格で購入できるお得なサービスもありますが、それ以上に契約に縛られる事なく通信事業者を自由に選ぶ事を選択するユーザーが増えておりMVNOへの加入者数は右肩上がりとなっています。



    SIMフリー端末であればその機種が持つバンドが対応した周波数帯の範囲内であれば大手通信キャリアはもちろんのこと自由にサブブランドやMVNOなどの事業者と契約し、発行されたSIMカードをそのまま使用する事ができます。
    数あるSIMフリー端末の中ではマルチキャリアに対応し、日本国内の大手通信キャリア系列の2系統または3系統のMVNOが発行する複数のネットワークのSIMカードが利用できる機種も存在しています。



    SIMフリー端末の台頭によりマーケット全体の流動化や活性化に加えて限られたユーザーのパイを奪い合う通信事業者各社の価格競争やサービス競争も激化している現状は、ユーザーにとって豊富な選択肢を提供しているのと同時に利便性を大幅に高める重要な要素となっています。